トップ > 3D活用エンジン特設ページ

●キャメスト「3D活用エンジン」とは・・・

3次元データが持つZ情報・加工フィーチャ情報・属性情報などを、2次元CAD/CAMで有効活用するための製品です。3次元データの利点である“情報の豊富さ”と2次元CAD/CAMの利点である“簡便さ”の相乗効果を生み出すことができます。













■仕事の幅が広がります

3D活用エンジンを用いることで、様々な3次元データを受け取ることができます。2次元データの仕事だけではなく、3次元データ主体の仕事も受けることが可能です。

3D活用エンジンは、データ読込時に3次元データに対して自動修正を行っているため、品質の悪い3次元データでも読み込むことができます。世界一の変換率の実績を持つ、エリジオンの技術が用いられており、面を張り直すなどの繁雑な修正作業が必要ありません。
標準でIGES、Parasolid、ENF形式に対応しています。


ページのトップへ

■CADでの作図は不要です

今まで多くの時間を費やしていたCADでの作図時間を短縮することができます。受け取った3次元データに対して、「1)加工方向の指定」「2)X軸方向の指定」を行うだけで、自動的に2次元データが作成されます。


今までの3次元−2次元変換では、変換後のデータに重複要素があったり、真円が細かな円弧に分割されたりするため、2次元CAD上で多くの修正作業が必要でした。3D活用エンジンでは、単純に投影するのではなく、加工フィーチャ情報をもとに投影しているため、CAMでそのまま使える2次元データに変換することができます。





ページのトップへ

■データ準備工数を削減できます

2次元CAMをベースとしているため、公差や見込み変形等を考慮した形状編集を容易に行うことができます。


シンプルな形状編集

ページのトップへ

■加工条件は自動入力可能です

今まで手作業で打ち込んでいた、高さ情報・加工方法等の情報は、3次元データから自動取得するため、入力する必要がありません。

3D活用エンジンのここがすごい!

3D活用エンジンの加工フィーチャ認識機能は、設計履歴の情報からではなく、形状情報から行っているため、IGESなど設計履歴の情報を持たないデータ形式でも、加工フィーチャを認識することができます。



ページのトップへ


キャメスト 3D活用エンジンの説明動画をご覧いただけます。

CAMEST_3DE.exe
   (ファイルサイズ:37.5MB)


● ダウンロード・再生手順
1. 上記のaviファイルをクリックし、「保存」をクリックします。
2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
3. 展開先のフォルダを指定し、「展開」をクリックします。
4. 展開されたaviファイルをダブルクリックすると、動画が再生されます。
※aviファイルをご覧いただくには、Windows Media Playerが必要です。
Windows media Playerをダウンロード

◆開発中につき、仕様を変更する場合があります。
◆記載されている会社名、製品名などは各社の商標または登録商標などです。
ページのトップへ