トッ プ > R2016-01.1リリース

R2016-01.1のリリース

◆R2016-01をお使いの皆様に◆

R2016-01における不具合とその修正のご報告

●最新版 R2016-01.1をリリース(2016/03/31)

R2016-01.1の体験版ダウンロードはこちら

すでにご購入の方は、「登録ユーザ専用ページ」 から
R2016-01.1 正式版のダウンロード及びバージョンアップができます。
※正式版のダウンロードには「ユーザー登録」(無料)が必要です。

体験版CDをご希望の方またはバージョンアップ内容等に
関するご質問は、こちらまでお問合せ ください。

●R2014-01からのバージョンアップ内容

2D CAD

  •   1. 寸法線の引出線を編集できるようにしました。
  •   2. DXF読込において、位置合わせを行わずに読み込むモードを追加しました。
  •     DXFインポート
  •   3. DXF読込において、楕円要素の読込処理を修正しました。
  •   4. DXF読込時の端点接続において、重複線が発生する不具合を修正しました。
  •   5. コーナーRの挿入などの操作により連続する図形の位置がずれる不具合を
  •      修正しました。

マシニング共通

  •   1. 各軌跡作成条件の設定画面に「全入力値管理」機能を追加しました。
        これにより、工具・Z下降情報・加工方法の全てを一括管理できます。
  •   2. 工程編集で、加工図形の変更を行えるようにしました。
  •   3. 各工程のZ方向条件の設定値を一覧表示し、一括変更を行えるようにしました。
  •     Z条件の一覧編集

マシニング 2D CAM

  •   1. オープン領域加工指示ツールを追加しました。
  •     オープン領域
  •     オープン領域
  •   2. 領域加工において、ヘリカル・ジグザグ下降軌跡が外周・島図形に干渉する場合に、
        下降位置を自動的に干渉しない場所に移動するようにしました。
  •   3. 領域加工指示での加工開始点のマウス指示において、マウスに工具径の円を
        表示するようにしました。
  •   4. 領域加工工程、輪郭加工工程を線対称複写した場合に、加工方向(アップカット/
        ダウンカット)を変えないモードを追加しました。
  •   5. 各領域加工工程の設定条件を一覧表示し、一括変更を行えるようにしました。
  •     領域一覧編集
  •   6. 各オープン領域加工工程の設定条件を一覧表示し、一括変更を行えるように
        しました。
  •   7. 各輪郭加工工程の設定条件を一覧表示し、一括変更を行えるようにしました。
  •   8. 領域加工指示において、1本目工具が切削済みの領域に2本目工具を降ろすよう
        改良しました。
  •   9. 領域加工指示において、加工領域が複数に分断される場合に、開始点を含む
        領域から加工を始めるよう改良しました。
  •   10. 輪郭加工指示において、アプローチ位置の設置を「スタート点」とし、アプローチする
        円弧の中心にスタート点(下降点)を設定した場合に、クリック位置に最も近い
        端点/中点/頂点にアプローチするようにしました。
  •   11. 輪郭加工指示において、「終点→始点の軌跡を作成する」をONと設定した場合に、
        終点→始点のブロックの送りF値を個別に設定できるようにしました。

マシニング 2.5D CAM

  •   1. 端点接続許容距離が「0.1」と設定されている場合に、等高線加工指示において
        エラーが発生する不具合を修正しました。
  •   2. ルールド加工指示で、アウトコーナー部分に食込が発生する不具合を修正しました。
  •   3. 面取り加工指示で、他2.5D加工指示ツールのピッチ荒取り設定が反映され、
        異常軌跡が出力される不具合を修正しました。

穴加工 CAM

  •   1. 工程編集で、穴の追加や削除、移動、編集を行えるようにしました。
  •     領域一覧編集
  •   2. 面取り突き工具に固定サイクルD値を設定した場合に、固定サイクル行にD値が
        出力される不具合を修正しました。

ワイヤー放電 上下異形 CAM

  •   1. アプローチする円弧の中心にスタート点を設定した場合に、円弧のクリック位置に
        最も近い端点/中点/頂点にアプローチするようにしました。
  •   2. 切残量を「0」と設定した場合に、不要な切落前停止が出力される不具合を
        修正しました。
  •   3. 真円形状において、切落前停止が2回出力される不具合を修正しました。
  •   4. オープン加工において、指示した加工形状が2ブロックの場合に、切落前停止が
        2回出力される不具合を修正しました。
  •   5. 「アプローチ条件の設定」画面において、エラー判定処理を修正しました。
  •   6. サンプルポスト「ミツビシ.Post_Wire」を変更しました。

ワイヤー放電 上下異形 CAM

  •   1. サンプルポスト「ミツビシ.Post_Wire」を変更しました。

旋盤 CAM

  •   1. 1つの素材形状に外径と内径の両方を含むことを可能にしました。
  •   2. NCデータ作成フォルダが存在しない場合のエラーメッセージを変更しました。

NC チェッカー

  •   1. 描画領域に、キャメストCADデータを表示できるようにしました。
  •     NCチェッカー
  •   2. サブプロコールのコードに「$」などの記号を設定できるようにしました。
  •   3. 通信機能において、[スケジュール送信]ボタンの表示位置を修正しました。

旋盤 NC チェッカー

  •   1. 描画領域に、キャメストCADデータを表示できるようにしました。
  •     旋盤NCチェッカー
  •   2. サブプロコールのコードに「$」などの記号を設定できるようにしました。
  •   3. 通信機能において、[スケジュール送信]ボタンの表示位置を修正しました。



R2016-01の不具合とその修正のご報告

キャメストR2016-01(2016年3月11日リリース)に以内2件の
不具合がございましたので、上記バージョンR2016-01.1 にて修正いたしました。

  対象製品  :キャメスト 2D CAD 
  不具合現象:図形のミラー移動/複写機能において、モードが「元無」(移動)かつ
              選択方法が「範囲」の際に、点と真円が移動しない

  対象製品  :キャメスト マシニング 2D CAM
  不具合現象:領域加工機能において、外形形状が真円である場合、
              アプローチ方向が指示通りにならないことがある

ご不便をおかけしたことをお詫び申し上げます。
ページのトップへ